2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 六義園 | トップページ | 潮~にほんいち醤油そば »

麺屋KABOちゃん~ラーメンフリークからの回答

六義園に行く前に行こうと思っていたラーメン屋さんは、巣鴨にある「Japanese Soba Noodles 蔦」さんの予定でした。

しかし、臨時休業…

そこで駒込の「麺屋KABOちゃん」へと向かうことに…

この店はラーメンフリークで有名だったKABOちゃんが今年1月に出した、まさに新店です。場所は霜降り銀座という商店街の一角にあります。
メニューは基本的に「しもふり中華そば」という醤油ラーメン一本。
(数量限定で味噌らーめんも始めたようですが)

スープを啜ると鶏ガラベースに下支えされた節系の風味が広がります。醤油の旨みも十分です。
細麺は今はやりの低加水麺。スープの乗りもいいし、その歯ごたえもいいですね。
チャーシューは丹念に煮たチャーシューを焼くことによって旨みを閉じ込めてます。これは抜群の出来です。

淡麗系醤油ラーメンとしては非常に美味しいです。

でもオペレーションはまだまだ素人の域を出ません。何せ一度に二杯しかラーメンを作れないのでは、こんできたらどうするのでしょうか?

ス―プについても、まだまだ進歩させる余地はたくさんあります。
例えばソラノイロさんとかのように、出汁の成分の一つが突出せずに協力しながら「旨み」を引き立てている、という境地には達してはいません。

でも、ラーメン好き(フリーク)がどんなラーメンを目指すのか、いわばその回答だとすれば、このラーメンは十分回答になっていると思います。

次に行ったらどう進化しているのでしょうか?楽しみです。
Kabotyan
※ラーメンを食べているとKABOちゃんが「どこかでお会いしてませんか」と声をかけてきました。ラーメン食べ歩き時にお会いした模様です。まさに奇遇ですよね。

« 六義園 | トップページ | 潮~にほんいち醤油そば »

グルメ・ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋KABOちゃん~ラーメンフリークからの回答:

« 六義園 | トップページ | 潮~にほんいち醤油そば »